アフィリ君のアフィリエイトのやり方

アフィリエイトで稼ぐためにやっていることを書いていきます。なるべく初心者でも分かるように書くつもりです。

キーワードはビックワードは避ける【スモールワード】

      2015/03/16

アフィリエイトはビッグワードは避ける

アフィリエイトをやり始めた方がやりがちなことで一番多いのが、

キーワード選びで大きな(ビッグ)キーワードを選ぶこと。

確かにキーワードは検索したときに予測変換などで多くの人が検索しているであろう、

キーワードがyahooでもgoogle検索でも出てくると思います。

 

前回の記事でジャンルを選んでからとりあえず、みんなが検索するような

ビックキーワードを選び、サイト作成や記事作成に取りかかっていませんか?

 

スポンサーリンク

ビックワードはアフィリエイト強者の戦場

私もそうですが、アフィリエイト暦が浅い方はSEOの手法や、

検索順位で上位に持ってくることがアフィリエイトを長年やってきた方と比べるととんでもない差があります。

ビックワードを選ぶということはその強者だらけの戦場へ揃っていない装備で

向かっていくような無謀なことと変わりません。

それでは順位があがるどころか、検索の上位にさえいけずに、アクセスすら集められずにアフィリエイトで利益をあげることなんて程遠くなります。

 

ビックワードで検索するとアフィリエイトサイトばかりありませんか?

実際にビックワードで検索してみると、

『脱毛 おすすめ』という大きなキーワードでは

ロングテールを狙う

まず上位に表示されているPPC枠は1クリックにお金を払って

表示させている、資金を沢山もっているPPCアフィリエイター

そして、実際の検索順位の上位はゴリゴリのSEOで

順位を上げているサイトアフィリエイター

この人たちはこのワードで検索ユーザーのほとんどの集客をかっさらっており、膨大な利益を上げていると思います。

 

もちろんこの検索以下の1ページ以降もアフィリエイトサイトがずらりと並んでいる状況です。

 

この上位にいるアフィリエイターはそれなりの対策を行い、

絶対強者のライオンです。

そこに太刀打ちできないカモシカで挑んでも場所取りで勝てるはずがないんです。なので私たちが攻めるべきはスモールキーワードです。(以下、ロングテールキーワードと言います)

 

どうやってロングテールキーワードを探す?

ロングテールキーワードを探す

広告主のサイトを見てもなかなか言葉が見つからない。たぶんビックワード意外だとそこの問題に突き当たると思います。

でも検索する人はいろんなシチュエーションがあると思います。

脱毛なら、

  • 脱毛したいけど、痛くないのか?
  • 脱毛で肌荒れしないのか?
  • お金そんなに持っていから安くで済ませたい
  • 失敗したくないから色々口コミを見よう
  • 不安だから体験談ないかな?

などこの製品をほしがる人はどんな人(ターゲット)を絞る必要がでてきます。

 

①キーワードツールを使ってみる

私自身あまりツールを使ってない派なんですが、結構使えるツールはあります。

googleのキーワードプランナー

goodkeyword

サジェストツール

ここらあたりしか私は使っていません。探せばまだまだ沢山出てくるのですが、ある程度キーワード情報が分かれば十分ですからね。

これらも意外と使えるとは思いますが、まだ慣れていない方などはターゲット層などが浮かばないかもしれませんね。

②悩み系サイトでワードを探す

どんなターゲットを見つけたらいいのかなかなか見つからない方は『ヤフー知恵袋』などを参照するといいと思います。

ヤフー知恵袋はユーザー同士の悩み相談室です。

特に質問をしている方たちの文章を気にしてみてください。

自分では考えもしない、あれこれ脱毛に関連するキーワードが拾えてくると思います。

男性なら『ひげ』だとか『コンプレックス』って言葉もでてきます。また女性でも『薄毛』だとか『陰毛』とか出てきました。

これらを検索しなおしてみて、まだ強そうなライバルがいるなら、さらに掘り出してみてもいいかもしれません。

 

そうやって検索して沢山のキーワードとそのキーワードに群がるターゲット層を掘り出して、さらに検索していくと新たなキーワードを発掘する癖が次第につくと思います。

実際に人の話に耳を傾けて理解するのと一緒です。ましてやそれで商品を売ろうと考えているならなおさら理解しなければなりません。

そうすると自然と『狙うターゲット+ロングテールキーワード』を探し回れるようになってきます。

 

ロングテールキーワードは物を売る為にも絶対的なスキル

小さなワードほど検索者の悩みや解決したい内容が深いような気がしませんか?

初めての体験やどうやって自身の問題を解決したらいいか悩んでいる人ほど、うまく調べることができません。だから知恵袋に頼るんです。

知恵袋などを参考にしてロングテールキーワードを探せるようになると、

検索ユーザーの心を次第に理解することができるようになります。

ここは非常に大きなメリットだと考えてください。

アフィリエイトといっても、商品を買うのは人ですから、その人に対して記事で商品を紹介するのがアフィリエイトです。

検索ユーザーの心の靄を解いて商品を買ってもらうのが、検索ユーザーの問題解決 = 対価として報酬 ですから。

 

③実際に検索されたキーワードなのか

googleを開いて検索をしてみる。

「脱毛 料金」って検索してさらにスペースを入れるとなんかまた出てきませんか?

lgajag

この中で申し込み意欲が高そうなキーワードで言えば全部なんですが、「ひざ下」「全身」「相場」「比較」「システム」etc…

 

色々出てきますよね?じゃあ適当にひらがなの「さ」を入れてみました。

lgda

札幌とか出てきましたよね?逆にひげとかも出てきました。

 

今度は「お」を入れてみます。

ljlgaad

もうこうなるとキーワードは無数あるということが分かると思います。

 

予測変換などがあるということはある程度検索需要があるということ。

だったら自分ではありえないと勝手に思っている言葉などもどんどん検索してみて実際に検索されていることに気づくと思います。

あるのかなこんな感じ・・・ってあったらすぐに検索してみるといいです。

 

スマホ対策のため予測変換に沿ったワードで探したい

またできればこの予測変換に沿ったキーワードを含めた上で購入意欲が高いキーワードを探したいところです。

現在検索エンジンもスマホからのアクセスが大半を占めている状況です。

スマホで検索して文字入力している途中でマッチしそうな予測変換が現れたら?みなさんどうします?

途中までの文字入力をやめて、マッチしそうな予測変換の言語を選ぶことありますよね?

そうなると予測変換ワードは上記で検索した頭文字ででてきます。そこにできるだけ沿ったキーワードでタイトルを考えるのはありだと思います。

⇒ キーワードとタイトルの関係性について

もちろんライバルをチェックするのは忘れてはいけません。

 

自分には言語の範囲があるので同義語を参照してみる

人はそれぞれ今までしゃべってきた言葉や口癖などやっぱり言葉は偏りがちですよね。イコール自分があまり意識していなかった同義語も多々あるということです。

●●料金 ●●料金じゃなくて料金も他の呼び方はありますよね?ならば同義語検索をするといいです。

⇒ 同義語検索(シソーラス)

上記の同義語などのサイトで調べてみると料金だと言葉は他にもりますよね?

glugaw

値段、代金、費用、価格など色々な同義語が出てきました。

そしたらまた「脱毛 値段」「脱毛 代金」などまた検索ワードが広がってくるでしょう。

そして検索結果のライバルを見て比較的に強豪サイトが少なそうなところを攻めてみる。

●何度も言葉を捜して検索してライバルチェック

●記事を書いてアップして

●結果どれくらいの検索結果になったか?

●さらに別ワードを狙って記事を書き繰り返す

そして自分なりの良いロングテールキーワードを見つければいいのです。

多少ライバルがいるからといってビビることはないです。記事をアップして自分の力量を計ることもできますから。

 

今後はロングテールがねらい目

私が思うに、今後はアフィリエイトで安定して稼ぐにはロングテールアフィリエイトが安定して稼げると思います。

 

ビックワードはSEOで上げられる力量があれば即効性はありますが常に上位キーワードの椅子の取り合いで、安定することはまず難しいです。

 

それよりはロングテールサイトでユーザー(ターゲット)の考えを理解し、ジャンルに詳しくなり、常に人の気持ちのわかるキーワードを探し出せる能力を身につけておくほうが、これからのアフィリエイトではうまく生き残れる戦い方だと思います。

 

そして、次第に自分がどこまでやれるか分かれば徐々に大きなキーワードに挑戦したり、別の方法などを試してみるといいと思います。

 

【関連記事】
⇒ 決めたキーワードはタイトルに含ませる

 

 - キーワード, 初心者の為のアフィリエイト実践方法 , , , ,